■嬉野武雄観光秘宝館(佐賀県)その17

f0395158_02082147.jpg
曲がった先には絵だけでなく小物類も展示されているようです。

f0395158_02082450.jpg
照明のついたショーケースの中には根付などが置かれているようです。

f0395158_02082743.jpg
「内容充実中に付」と「無料サービス中」がどういう文脈で結びつくのかイマイチ理解できません。
それはさておき、この札、本来入口に置くべきでは……?

f0395158_02083074.jpg
壁面には中国の房中術の解説らしきものが貼られていました。

f0395158_02083273.jpg
技の名前(?)がまったく読めません。
しかし、こうして見ると日本の春画は、中国のこういった絵を元として独自発展を遂げていった感じですね。

f0395158_02083678.jpg
表側(上?)から見ると何でも無いのに……

f0395158_02083886.jpg
裏を見るとこんなことに! ……というのを見せるために、わざわざ下に鏡が置かれています。
なぜこんな構造になっているのかというと、政府の取り締まりを避けるためだったようです。でも規制がなかったとしても、こちらの方が遊び心を感じるので、結果オーライと言えるのでは……。

f0395158_02084189.jpg
ちなみに鏡越しでなく、直接見るとどうなっているのかというとこんな具合。

【つづく】

★この記事(嬉野武雄観光秘宝館)を最初から読む


名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by kuze007 | 2019-07-21 00:01 | 珍スポット | Comments(0)

廃墟・珍スポ・カオダシ看板・コンクリート公園遊具などの訪問&見物記録


by KUZE