■低すぎるガード「高輪橋架道橋」(東京都)その1

f0395158_00294621.jpg
JR山手線に久々に新駅が誕生するということで最近いろいろと話題の「高輪ゲートウェイ駅」ですが、この駅ができるせいで間もなく消滅しそうなのが、今回紹介する『高輪橋架道橋(たかなわきょうかどうきょう)です。

この『高輪橋架道橋』は、JR品川駅と田町駅の間に架けられた鉄道橋なんですが、その下を通る道路(区道)は、なんと「高さ制限」が1.5m! 東京都内の自動車が通行できる道路の中で一番低いと言われています。

ちなみに全国まで目を広げると、下には下がいるもので(?)愛知と大阪に「高さ制限1.2m」というガードがあるようです(大阪は自動車では通れなさそうです)。昔のロータス・ヨーロッパなら全高が1070〜1090mm程度だったのでギリギリ通れますけど(年齢的に車高が低いクルマというと、まずロータス・ヨーロッパが出てきてしまうんですね〜)、現行の国産車はほぼ全滅じゃないでしょうか?
もっとも、これはあくまでも「最低高さ制限標識」による規制高なので、実質の高さはもう少しあるんでしょうね。

f0395158_00295068.jpg
調べてみると一番近い鉄道駅は都営地下鉄「泉岳寺」駅なので、地下鉄で現地へ向かうことにします。地下から上がると、正面に付近の案内地図がありました。

f0395158_00295354.jpg
写真中央部分の線路の下を通っているのが問題の『高輪橋架道橋』ですね。線路の下の距離は、地図で見ると220〜240mくらいでしょうか。

f0395158_00295630.jpg
大通り(第一京浜)から『高輪橋架道橋』へ続く道に入ると線路が見えてきました。

f0395158_00300044.jpg
高さ制限1.5mの標識が出現!
冠水注意の表示は、過去豪雨の際に冠水したことがあるためだとか。

f0395158_00300560.jpg
道路が線路の下へ吸い込まれるように続いています。
元々ここは水路だったところを、大正時代に埋め立てて道路にしたものだそうです。

f0395158_00300904.jpg
抜け道として利用されているようで、タクシーが次々とやってきますね。

f0395158_00301205.jpg
さまざまな車両が上を通り過ぎていきます。
ちなみに上を通っているのは、JR山手線、京浜東北線、横須賀線、東海道本線、東海道新幹線に加えて、車両基地の線路となっているようです。

f0395158_00301599.jpg
ガーダー部分にも「制限高1.5M」と書かれていますが、こうしてエントリー部を見ると、確かに相当低く感じられますよ。

f0395158_00301860.jpg
入口から最初の部分はガーダー橋になっており、少し進むと上部がコンクリートのトンネル状になります。

【つづく】



名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by kuze007 | 2019-01-05 00:01 | 珍スポット | Comments(0)

廃墟・珍スポ・カオダシ看板・コンクリート公園遊具などの訪問&見物記録


by KUZE