■N粘土鉱業I鉱業所(岩手県)その20

f0395158_01402581.jpg
鋼製鉱車の状態を見るため近づいてみます。

f0395158_01404433.jpg
途中までバケットが持ち上がる仕掛けは、こんな風になっているんですね。

f0395158_01405918.jpg
なかなかの存在感。木製鉱車とはまた違った美しさです。

f0395158_01412123.jpg
鋼製鉱車に沿って、草木をかきわけながら進んで行きます。

f0395158_01412683.jpg
途中から小型の鉱車になってました。

f0395158_01413012.jpg
最終端の鉱車。右側の斜面にレールが続いているように見えます。単に車止めなのか、巻上装置があって斜面の上までレールが続いていたのか、今となっては確かめようがありません。

f0395158_01413680.jpg
レールの間には、この太さまで木が育っていました。

f0395158_01414010.jpg
岩崎レール製の転轍機を発見。ナロー用のコンパクトなタイプです。そういえばここまで書いてきませんでしたが、こちらの鉱山鉄道の軌間は508ミリだそうです(自分で測って確認していませんが、みんなそう言っているので間違いないと思います)。

f0395158_01414416.jpg
鉱車の編成に沿って進んでいくと、木造ホッパーからの軌道と合流しました。

f0395158_01414996.jpg
木造ホッパーを出てすぐの木製の橋。先ほどはよく見ずに戻ってしまったのですが、だいぶ傷んでますね。

f0395158_01415327.jpg
あまり谷側には近寄らないほうがよさそうです。

【つづく】

★この記事(N粘土鉱業I鉱業所)を最初から読む


Commented by いかれやろう at 2018-10-21 23:24 x
自分もここに行ったことがあります。ここまで深くは入りませんでした。現役の工場部分がお休みの日(たしか元日だった記憶があります)に行きました。発電所だか変電所のあたりから、上の方を見上げて、何もないのかなぁって思って帰った記憶があります。こんなに面白いものがたくさんあったのですね。登っておけばよかったなぁと、現在思っております。
Commented by kuze007 at 2018-10-22 00:33
こんばんは!
それは残念でしたね〜。
この鉱山跡は、金属鉱山とはまた違った雰囲気で
なかなか見応えがありましたよ。

この後、インクラインを下って精錬施設(?)に行きますので、
お楽しみに!
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by kuze007 | 2018-10-20 00:01 | 廃墟 | Comments(2)

廃墟・珍スポ・カオダシ看板・コンクリート公園遊具などの訪問&見物記録


by KUZE