■稲龍神山スポーツランド・星山温泉(神奈川県)その6

f0395158_01294389.jpg
熱くて入っていられないので、早々にあがって外へ。初めて訪れたときは9月だったため、大量のヤブ蚊に加え、スズメバチもぶんぶん飛び回っており、落ち着いて涼んでいられる状態ではありませんでした!

f0395158_01294948.jpg
浴場の向かいにある小屋は休憩所のようです。しかし内部はボロボロで、まったく休憩したい気分になりません。

f0395158_01295372.jpg
別角度から見ると、さっきの小屋だけでなくこちらの休憩所も倒木の攻撃を受けちゃったみたいです。

f0395158_01295878.jpg
ちなみに側面から見るとこんな感じ。

f0395158_01300141.jpg
何か面白いものはないかと裏側にも回ってみましたが、とくにめぼしいものはありませんでした。

f0395158_01300547.jpg
山奥に向かって細長い建物があるので、ちょっと覗いてみることにします。

f0395158_01301091.jpg
こちらの建物がカラオケなど置いていた宴会場のようです。

f0395158_01301374.jpg
しかし、残念ながら中の様子を確認することはできませんでした。

f0395158_01301791.jpg
……なぜかというと、ご覧の通り屋根が崩れ落ちてるからなんですね〜。2014年2月の大雪(覚えてますかね?)でつぶれてしまったという話です。

f0395158_01302018.jpg
外壁に何やら文字があるので近づいて見ると、オリジナルとおぼしき(違ったらゴメンナサイ)格言というか生活訓がびっしりと書き連ねられていました。
私がひねくれているだけという可能性も0.5パーセントくらいありますが、正直1ミリも心に響きません。

f0395158_01302414.jpg
経営者的立場になると、こういうものを他人に語りたくなるのでしょうか? 残念ながら自分は一生語る機会はなさそうですけど……。

【つづく】

★この記事(稲龍神山スポーツランド・星山温泉)を最初から読む

名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by kuze007 | 2018-09-03 00:01 | 珍スポット | Comments(0)

廃墟・珍スポ・カオダシ看板・コンクリート公園遊具などの訪問&見物記録


by KUZE