■八潮秘宝館【第5回一般公開】(埼玉県)その6

f0395158_14402969.jpg
さて、2階へ上がって目の前に広がっていたのはこんな世界でした!

f0395158_14403422.jpg
どうやらここが、「幼児プレイルーム・未熟園」のようです。兵頭氏のなかにある「幼児プレイルーム」の理想的イメージを具現化した姿がコチラなのでしょう。

f0395158_14404172.jpg
赤ん坊を抱くドールの背後に置かれたベビーベッド。赤ちゃんがライティングのせいで不気味な感じになってますよ!

f0395158_14404688.jpg
ベッドの上部には巨大なパンダのぬいぐるみが……。

f0395158_14405100.jpg
こちらは足下の籐のベッド置かれた、かなり大きめの人形。

f0395158_14405686.jpg
前述のとおり、こちらは実在した幼児プレイルーム(現在は営業していない模様です)を兵頭氏の解釈で再現したものということなのですが、どうも布団類や大量に吊された布おむつ、床に散らばる古い幼児プレイビデオなど、現物を借りてきてそれを実際に展示している模様です。

f0395158_14410192.jpg
1枚目の写真と比べてもらうとわかるのですが、結構照明が凝っていて、時間とともに色やパターンが変化しています。緑の光はたぶんミラーボールで(確認し忘れました!)クルクル回転してました!

f0395158_14410670.jpg
ちなみに今回の展示では、あまりストレートなエロはなく、こちらのドールが胸をはだけて授乳しているシーン(?)は、数少ない直接エロス・ポイントとなっていました。

f0395158_14411137.jpg
一応ストロボを使うとこんな感じ。

f0395158_14411652.jpg
寄ってみました。

f0395158_14412186.jpg
これはこれで悪くないと思いますが、やっぱりピンクのライトに照らされた姿のほうが、秘宝館っぽくていいですね。

【つづく】

★この記事(八潮秘宝館【第5回一般公開】)を最初から読む

名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by kuze007 | 2018-02-23 00:01 | 珍スポット | Comments(0)

廃墟・珍スポ・カオダシ看板・コンクリート公園遊具などの訪問&見物記録


by KUZE