■Rロープウェイ【仮】ファンタジーランド(大分県)その3

f0395158_17443513.jpg
完全に崩壊した城にはドラゴンらしきものが巻き付いています。元となる童話が何なのかはわかりませんが、城がドラゴンに襲われるシーンがあるストーリーだったようです。

f0395158_17443591.jpg
城内の建物。測ってないけどだいたい30cmくらいの高さだったでしょうか。

f0395158_17443642.jpg
よく見るとドラゴンの頭が見当たりませんね(もしかすると塔の下敷きになっていたのかもしれませんけど……)。

f0395158_17521398.jpg
あたりを見回してみると……

f0395158_17443681.jpg
発見! でもこちらは別の個体のようです。想像するに、ストーリーのポイントとなる場面場面をジオラマで再現していたっぽい感じですね。

f0395158_17443755.jpg
ウレタン製です。目玉が光るような仕掛けがあったかどうかは確認しませんでした。

f0395158_17552561.jpg
向こうの方に赤いブーツが見えます。もしかすると生存者!?

f0395158_17562016.jpg
裏へ回ってみると、そこには盾と剣をもった剣士がいました。おそらくドラゴンと戦っていたのでしょう。

f0395158_17443526.jpg
しかし両者ともに世界の崩壊から逃れることはできなかったようです。

f0395158_17443629.jpg
チェーンのついた台車を見るに、現役時代は華麗に動き回り、ドラゴンへ果敢に戦いを挑んでいたようです。

f0395158_17593532.jpg
台車の車輪は完全に錆び付いています。
「しんでしまうとはなにごとだ!」とつぶやいてみましたが、勇者がよみがえることはありませんでした。

f0395158_18001640.jpg
その虚ろな瞳に映っているのは、かつて彼が過ごした冒険の日々でしょうか。

【つづく】

★この記事(Rロープウェイ【仮】ファンタジーランド)を最初から読む


名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by kuze007 | 2018-01-04 18:06 | 廃墟 | Comments(0)

廃墟・珍スポ・カオダシ看板・コンクリート公園遊具などの訪問&見物記録


by KUZE